×

【パチンコ経営企業分析】アンダーツリーグループの店舗数・台数推移、店舗が減少するなか通常貸スロットは増加している

今回は経営ホール数第3位を誇る「アンダーツリーグループ(キコーナ)」の今年に入ってからの動きを見ていきたい。

「アンダーツリーグループ」は現在134店舗運営しているが、2023年末と2024年6月末の半年間における店舗数・台数比較をすると下表の通りとなる。

アンダーツリーグループ店舗数推移(2023年12月~2024年6月)
24/6 23/12 差分 増加 減少
店舗数 134 140 ▲6 2 8

※増加は「新店」・「長期休業明けリニューアルオープン」・「事業継承による取得した店舗」を含む
※減少は「閉店」だけでなく、「休業中」・「改装中」に変更した店舗を含む

新規店舗リスト
年月 店舗名 住所
2024年1月 FREEDOM 大阪府大阪市北区
2024年3月 アビック弐番館 兵庫県神戸市中央区
閉鎖店舗リスト
年月 店舗名 住所
2024年1月 キコーナ香住店 兵庫県美方郡
2024年1月 キコーナ(峰山) 京都府京丹後市
2024年1月 キコーナ太田店 茨城県常陸太田市
2024年1月 キコーナ鶴見店 大阪府大阪市鶴見区
2024年2月 キコーナ阪急神崎川店 大阪府大阪市淀川区
2024年2月 ニューパティオ光明池店 大阪府和泉市
2024年5月 キコーナ大船店 神奈川県鎌倉市
2024年6月 スロットキコーナ三宮店 兵庫県神戸市中央区
アンダーツリーグループ台数推移(2023年12月~2024年6月)
24/6 23/12 差分 比率
P通常貸玉 28,059 27,127 ▲932 96.7%
P低貸玉 22,002 21,015 ▲987 95.5%
S通常貸玉 26,156 26,814 +658 102.5%
S低貸玉 4,861 4,567 ▲294 94.0%
全体 81,078 79,523 ▲1,555 98.1%

※設置台数は公開されている貸玉別の台数の合計値

このようにM&Aにより2店舗取得しているものの、閉鎖店舗(一部店舗はリニューアル工事中)が多く、店舗数・設置台数ともに昨年末よりも減少していた。しかし、そんな中でもスロット通常貸玉は増加しており、スロットへの注力していることが見て取れる。

また、新台(※)の導入状況を見ていくとこのようになる。

アンダーツリーグループ新台導入状況
期間 全体 パチンコ スロット
台数 差分 台数 差分 台数 差分
24年1月~24年6月 15,863 ▲2,197 8,435 ▲2,061 7,428 ▲136
23年7月~23年12月 18,060 +2,942 10,496 ▲264 7,564 +3,206
23年1月~23年6月 15,118 ▲1,297 10,760 +306 4,358 ▲1,620
22年7月~22年12月 16,415 +4,607 10,454 +1,884 5,978 +2,721
22年1月~22年6月 11,808 8,570 3,257

このように2022年1月から半年刻みで見ていくと、直近の2024年1月~6月の新台導入台数は昨年同時期よりは多いものの、昨年6月~12月までと比較すると大幅に減少した。またパチンコ・スロット別の導入台数を見ていくと、以前はパチンコのほうが圧倒的に導入台数が多かったのだが、直近半年間の集計ではその差が1千台程度まで縮まっていた。

7月には1店舗閉鎖が決まっているものの、出店準備中の店舗も1店舗ある「アンダーツリーグループ」。それ以外にもどのような動きがあるのか注目しておきたい。

[文・構成/情報島編集部]

※:新台は導入日から4週以内に導入したもののみとする


コメント:2件 コメントを書く

  1. アンダーツリーグループの店舗数って増えてるの? 初めて知ったよ。

    1
    0
    • 匿名様
      ご指摘ありがとうございました。
      表の店舗数に誤りがございました。
      正しくは23/12が140、24/6が134です。
      お詫びして訂正します。

      2
      2