×

「パチスロ甲鉄城のカバネリ」など6.5号機の販売好調、セガサミー23年3月期決算は増収増益

セガサミーホールディングスは4月28日、2023年3月期の連結決算を発表。それによると売上高3896億3500万円(前期比プラス21.4%)、営業利益467億8900万円(同プラス46.0%)、経常利益494億7300万円(同プラス48.4%)、当期純利益459億3800万円(同プラス24.1%)と、大幅な増収増益を達成した。

遊技機事業では、パチスロ機において「パチスロ甲鉄城のカバネリ」(3万5341台販売)や「パチスロ幼女戦記」(1万5200台販売)などの6.5号機が好調に推移し、8タイトル計9万4966台(前期は7万7870台)を販売。パチンコ機においては主力シリーズ機「P真・北斗無双 第4章」(3万4387台販売)など、5タイトル計10万3556台(前期は9万7027台)を販売。その結果、売上高942億5300万円(前期比プラス24.2%)、経常利益207億1300万円(同プラス101.4%)となった。

長期目標として「稼働・設置・販売シェア三冠王」及び「安定収益体質の構築」を掲げ、中期計画ではラインナップの見直し等による「ヒットの創出」、開発効率の向上等による「事業効率の向上」を重点戦略として取り組んでいく。なお、2024年3月期はパチスロ14万6000台(前期比プラス5万1034台)、パチンコ9万3000台(同マイナス1万556台)の販売を見込む。

また、2024年3月期の連結業績予想については売上高4330億円(前期比プラス11.1%)、営業利益550億円(同プラス17.5%)、経常利益580億円(同プラス17.2%)、当期純利益400億円(同マイナス12.9%)とした。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約