×

SANKYOの2024年3月期第1四半期決算、パチンコ・パチスロ計9万6000台を販売し前年同期⽐で増収増益を達成

SANKYOは7日、2024年3月期第1四半期連結決算を発表。それによると売上高507億7700万円(前年同期比プラス82.9%)、営業利益191億8800万円(同プラス102.9%)、経常利益194億8200万円(同プラス98.2%)、四半期純利益140億8000万円(同プラス77.5%)。パチンコ機・パチスロ機の販売台数増加により、前年同期⽐で増収増益を達成した。

パチンコ機関連事業においては、SANKYOブランドの「フィーバー炎炎ノ消防隊」(3万台販売)と「フィーバースプラッシュ×スプラッシュ」(5900台販売)、Bistyブランドの「Pコードギアス 反逆のルルーシュ Rebellion to Re;surrection」(2万台販売)の新規3タイトルに加え、「新世紀エヴァンゲリオン~未来への咆哮~」の追加販売もあり、販売台数は7万7458台(前年同期比プラス23.0%)と増加。その結果、売上高348億8700万円(同プラス32.0%)、営業利益149億9700万円(同プラス36.8%)となった。

パチスロ機関連事業における新規タイトルは「パチスロ 炎炎ノ消防隊」(1万5000台販売)の1機種で、販売台数は1万9155台(前年同期比プラス1万7901台)と前年同期より大幅に増加し、売上高90億5600万円(同プラス1340.4%)、営業利益48億1800万円(前年同期は2億8900万円の営業損失)となった。

第2四半期以降は、当期の看板タイトルの一つとして位置付ける「フィーバー機動戦士ガンダムSEED」を投入を予定するほか、パチスロにおいては今期予定している残り3タイトルは全てスマスロで投入するとしている。

なお、2024年3月期通期の連結業績予想に変更はなく、パチンコ28万7800台、パチスロ9万台の販売を計画し、売上高1750億円、営業利益595億円、経常利益600億円、当期純利益415億円を見込む。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約