×

ニューギンが直営パチンコ店で新機種「P覇穹 封神演義」を先行導入

ニューギンは12日、名古屋市中川区の直営店『パーラーニューギン』において、11月6日導入予定のパチンコ新機種「P覇穹 封神演義」の先行導入を実施した。

導入台数は4円パチンコに6台、1円パチンコに3台の計9台。同店スタッフは「市場で増えてきている3000個に特化した機種。そして、30~40代に知名度のあるアニメコンテンツとのタイアップということで、そういった年齢層の方々に遊技していただけるのでは」と話した。

タイアップコンテンツの「覇穹 封神演義」は、1996年から2000年まで「週刊少年ジャンプ」で掲載された藤崎竜氏による人気コンテンツ作品。2018年にはアニメ化され、原作コミックは2017年8月時点で累計発行部数2200万部を超えた。

スペックは大当り確率1/319.68、RUSH突入率50%、RUSH継続率約70%(※1)のST機。出玉は全て約1500個以上で、初当りの50%、RUSH中大当りの55%が約3000個(約1500個×2)。ハイミドル機の中で最高峰の出玉振り分けを持つ“超三千特化スペック”が大きな魅力となっている。

RUSH「導なき道」(ST100回転+残保留4回転)は高速消化ロングST仕様。RUSH中は、天激ボタンバイブ発生で約3000個大当り濃厚の「天激バイブ3000モード」、先読み演出発生で約3000個大当り濃厚の「先読み3000モード」などの約3000個特化カスタマイズが爽快感を後押ししてくれる。

※1 ST100回転継続率(約68.6%)+残保留4回転継続率(約4.5%)の合算値

©安能務・藤崎竜/集英社・「覇穹 封神演義」製作委員会


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約