×

日本iスポーツ機構、12月に「日本シリーズ2024」を開催

一般社団法人日本iスポーツ機構(NiS)は3日、東京都板橋区のP-SPACEにて遊技機取付けのスピードと正確さを競う「i-1 GRAND-PRIX 日本シリーズ2024」の記者発表会を開催した。

NiSは、iスポーツを通して人々の競技力(遊技機の取付け精度とスピード)及びスポーツ精神の向上を目指して、健やかな社会、スポーツ文化の発展に貢献する事を目的として2020年11月12日に設立。本大会は4回目の開催となる。

冒頭、田口智義理事長が「私ども団体が明るい話題を提供して、少しでも業界の活性化に繋げたい」と挨拶。本大会では、ニューギン・アドバンス社製のスマート遊技機専用島「セルフリムーヴ」(競技専用仕様)を使用し、スマスロからスマパチへの入替タイムを競うことが発表された。

会見には前回優勝した五十嵐選手(NEXUS)と2位の坂本選手(P-ARK)が出席。五十嵐選手は「昨年は賞金で家族と国内旅行に行ったが、今回は海外旅行に行けるよう頑張りたい」と述べ、坂本選手は、「前回4秒差で2位になったことを引きずっているが、今回は優勝して、妻にごちそうしたい」と、それぞれ大会に向けて抱負を述べた。

【大会日程】
大会名/i-1 GRAND-PRIX 日本シリーズ2024
開催日/2024年12月7日
場所/すみだパークプレイス(東京都墨田区)


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約