×

【閉店】札幌市厚別区のパチンコ店『イーグルタウン2大谷地店』が7月15日を以って閉店に、近隣のグループ店との店舗統合のため

北海道札幌市の厚別区にて営業してきたパチンコホール『イーグルタウン2大谷地店』はこのほど、2024年7月15日(月・祝)の営業を以って閉店すると告知した。

同店は地下鉄「大谷地駅」のすぐ近くに店舗を構えており、パチンコ機384台・スロット機60台(合計444台)の低貸専門店であった。

同駅周辺には『ベガスベガス大谷地店』と『パーラー甲子園南郷通店』に加えて、グループ店となる『イーグルタウン大谷地店』が営業しており、閉鎖は同店との店舗統合が理由のようだ。

なお、貯玉・貯メダル、来店ポイントについては、最終営業日までに清算・交換するよう呼び掛けられている。

運営母体の「正栄プロジェクト」グループは、北海道を代表するパチンコ企業の一つ。経営店舗は主に「イーグル」の屋号を冠し計22店舗を運営中だ。

2023年には大きな動きは見られなかったものの、コロナ禍以降は事業構造の見直しを推進している様子がうかがえ、2022年には5軒のパチンコホールを閉鎖・売却していた。

●正栄プロジェクトグループにおけるコロナ禍以降の閉鎖店舗一覧
2020年 4月:『イーグルルナシティ釧路店』(北海道402台)
2020年 4月:『イーグルアクアズ北斗店』(北海道468台)※売却
2021年 1月:『クラブイーグル 南7条店』(北海道パチスロ専門店279台)
2021年 5月:『イーグルララパーク名寄店』(北海道444台)
2021年 9月:『EEEトリプル-E豊崎店』(沖縄県539台)
2021年11月:『イーグルR-1浅草店』(東京都827台)※売却
2021年12月:『クラブイーグル旭川店』(北海道パチスロ専門店386台)
2021年12月:『イーグルR富里店』(千葉県598台)※売却
2022年 3月:『イーグルR-1太宰府店』(福岡県708台)
2022年 6月:『イーグルスタジオ東苗穂店』(北海道414台)※売却
2022年 8月:『イーグルベイプラス函館店』(北海道651台)
2022年 9月:『プラスイーグル砂川店』(北海道516台)※売却
2022年11月:『アムズツインパーク』(茨城県736台)※売却
2024年 7月:『イーグルタウン2大谷地店』(北海道444台)

この他の閉店・休業情報はコチラ

店舗 イーグルタウン2大谷地店
閉店日 2024年7月15日
住所 北海道札幌市厚別区大谷地東4-668-33
備考

コメント:14件 コメントを書く

  1. お客さん来ないからでしょ?

    38
    8
  2. もう無くてもいい業界じゃね?

    17
    4