労働者組合とのお話し合い【主婦与太子は見た】

労働者組合の看板を見ると走馬灯のように思い出します。
退職した方に、駆け込まれてしまったことを・・・

罵詈雑言浴びせられると聞いていたのでドキドキしながら話し合いに臨みました。が、予想とは大違い。
話せばわかる人達でした。
わたしも、ただの雇われ者だったからでしょうか。
状況と経緯を説明している間、あちらの弁護士は一言も発さず。
最後には「もういいよ」と去っていかれました。

どっちの気持ちもわかる、というやつだったのかもしれません。
第三者がいると案外まるくおさまるのか? いまもわかりません。
山田さん(仮名)元気かな。
なんだか申し訳なかったです。

死ぬ間際にも思い出すのでしょうか。
いや忘れたい。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約