藤商事、「CRリング 呪い再び」プレス発表会を開催

藤商事は22日、東京都台東区東上野の同社東京支店において、パチンコ新機種「CRリング 呪い再び」(型式名「CRリング 呪い再びFPK」)のプレス発表会を開催した。同社の人気コンテンツとして不動の地位を確立した「CRリング」シリーズの最新作であり、同シリーズ初となるV確変STタイプのマックススペックとなっている。同機のキャッチコピーは、「V確、クル。」

同機のスペックは、低確時大当り確率399.610分の1、高確時62.594分の1(約6.4倍)、ST回数100回転。通常時8個保留を採用しており、通常時における確変突入率は70%(ヘソと電チューの合算値)、ST継続率は約80%。納品開始予定日は7月5日。

発表会では、同社名古屋開発部ディレクターの大出和幸氏が登壇。「ファンの目線に立って再開発を行った。ファンの声を受けて、出玉感の向上やSTを前作の84回転から100回転に変更、演出の頻度を下げて期待度をアップさせた。「リング」シリーズとしては大当り確率399分の1のマックスタイプ最後の機種となる」と、同機について説明した。

[2015年5月25日・日刊遊技情報]

株式会社藤商事

150525fuji