東京『BUNBUN』、設定情報の流出を謝罪

東京都大田区西蒲田のAタイプ専門店『BUNBUN』は10月31日、同店のホームページ上において、アルバイトスタッフのツイッターに設定情報が流出していたことを認めて謝罪した。流出させたアルバイトスタッフはすでに退社しているが、弁護士と相談の上、法的な検討も含めて厳しく対処していく方針。今後、情報管理体制の改善状況については、店舗内掲示物およびホームページで随時、報告していくとしている。

[2015年11月4日・日刊遊技情報]

151104ban