グローリーと北電子が「遊動分析」を発表 ~遊技客動向の“見える化”を実現した情報分析システムを開発

北電子とグローリーナスカは14日、東京都墨田区の東京スカイツリーイーストタワーにおいて両社のコラボレーションによる新機能「遊動分析」の合同記者会見を開催した。

 

「遊動分析」とは、遊技客動向の“見える化”を実現した情報分析システム。加えてグローリーナスカの会員管理システム「P・BANK EXSIM」とICカードシステム「G8 EXSIM」で収集した情報を、北電子のホールコンピュータ「VORFORCE(ボルフォース)」とシステム連携することで、分析機能がアップする。

 

記者会見では製品の詳しい説明のほかに、グローリーナスカの井寄義孝代表取締役が登壇。「業界が低射幸性の時代を迎え、「遊動分析」がホール様に少しでもプラスになればと思う。北電子様とは業界の現状認識や今後の方向性で一致するところが多く、今回のコラボをスタートとして、今後はより協力関係を強化していければと考えている」と語った。続いて北電子の小林友也代表取締役も「私どもはホールコンメーカーであり、貸し玉ユニットを持っていない。この分野で大きな市場を持つグローリーナスカ様と共同開発できることは、将来的に見て大変重要。より信頼関係を深め、さらに良い製品をホール様に届けたい」と述べ、両社の関係性強化と今後の事業発展に向けて期待を寄せた。

 

このシステムにより得られる情報は、遊技機1台あたりの遊技客数や、遊技客がどの台からどの台に移動したのかを示す各遊技客の動線など。また会員客だけでなく非会員の遊技客の動向も把握でき、これにより新台の集客効果や、パチンコ、パチスロの適正比率などを分析・検討することが可能となる。また今回の機能は顔認証システムなどの特殊な機器がなくても利用可能となっている。

 

なお今回発表した「遊動分析」は2017年1月からの発売を予定しており、初年度で200店舗の導入を目指すとしている。

 

[2016年9月26日・日刊遊技情報]

 

株式会社 北電子

グローリーナスカ株式会社

 

160926kita