×

パチンコ業界初のスマート遊技機専門店『スマートガーデン浦和88』が3月31日の営業を以って閉店に、ビルの老朽化に伴う建て替え工事のためオープンから1年余りで撤退

埼玉県さいたま市の浦和区にて営業してきた『スマートガーデン浦和88』が2024年3月31日(日)の営業を以って閉店することが告知された。

同店は「JR浦和駅」の西口から徒歩3分ほどの場所に店舗を構える、設置台数88台のスマートパチスロ(スマスロ)専門店であった。

昨年2月8日にコンビニ跡地にオープン。パチンコ業界初のスマート遊技機専門店であることに加えて、首都圏を中心にパチンコホールを店舗展開する有力チェーン・ガーデングループの新店ということもあって、大きな注目を集めたものだ。

しかし今回、同店が入居するビルの老朽化に伴う建て直し工事のため、オープンから1年余りで閉鎖することとなってしまった。業界初のスマート遊技機専門店という記念すべき店舗だっただけに非常に残念である。

運営母体となるガーデングループでは昨年3月に『ガーデン上板橋店』(東京都板橋区)を閉店しており、今回はそれ以来の閉鎖となる。

この他の閉店・休業情報はコチラ

店舗 スマートガーデン浦和88
閉店日 2024年3月31日
住所 埼玉県さいたま市浦和区高砂1-14-13ガーデンシティ浦和西口1F
備考

コメント:33件 コメントを書く

  1. ビル建て替えってほんとかよw

    64
    3
  2. いやいやw1年で建て替えとか分かってるなら最初から出店せんだろ
    今まで一番雑な大本営
    普通に客が来なくて潰れましたと書けよw

    41
    3