×

さいたま市北区のパチンコ店『コトブキプラス宮原店』が5月6日を以って閉店、東栄商事グループにおける店舗閉鎖は本年初めて

埼玉県さいたま市の北区にて営業してきたパチンコホール『コトブキプラス宮原店』が2024年5月6日(月)の営業を以って閉店している。

同店はJR高崎線の「宮原駅」東口からすぐの場所に店舗を構えており、パチンコ機85台・パチスロ機100台(合計185台)の小規模ホール。同駅周辺のパチンコホールは同店のみという競争環境であった。

『コトブキプラス宮原店』は1994年よりこの地で営業してきたが、30年の歴史に幕を下ろすことに。なお、貯玉・貯メダルの清算については閉店後も5月12日まで受け付けているようなので対象となる方はご確認いただきたい。

運営企業である東栄商事グループは、埼玉県を中心にパチンコホールを店舗展開するチェーン企業。経営店舗は全て「コトブキプラス」の屋号を冠しており計24店舗を運営してきた。

2022年には屋号を「ことぶき」から「コトブキプラス」へと変更する改装オープンが順次進められていた一方で、2023年5月には『コトブキプラス与野バイパス店』(埼玉県)と『コトブキプラス五反田店』(東京都)を閉鎖しており、今回はそれ以来の店舗閉鎖となっている。

この他の閉店・休業情報はコチラ

店舗 コトブキプラス宮原店
閉店日 2024年5月6日
住所 埼玉県さいたま市北区宮原町3-339
備考

コメント:6件 コメントを書く

  1. 屋号の由来は「お客様プラス」からだそうだけど、実態は「お店プラス」だから潰れて当然だよ。

    28
    1
  2. それでいい!

    16
    1