【パチンコ経営企業分析】「喜久家グループ」の新店『キクヤ堺本店』、グループ全体における総設置台数の20%以上を占める

現在GWに突入したが、そんな今年のGW中に新店をグランドオープンさせた企業を取り上げていく。

今回は4月27日に総設置台数1,515台の大型店舗をグランドオープンした「喜久家グループ(キクヤ)」を見ていく。

今回グランドオープンした『キクヤ堺本店』の基礎情報は

店舗名 住所 P台数 S台数 総台数
キクヤ堺本店 大阪府堺市中区 560 955 1,515

同店から5.0km圏内において営業している28店舗の中で最も規模が大きい店舗となった。

また、同店舗がグランドオープンしたことにより、喜久家グループ(キクヤ)の営業店舗数は8店舗となり、1店舗あたりの平均設置台数は837.6台から922.3台へと大幅に増加した。

また、同グループは積極的に新台を導入していることでも定評があり、直近の新台導入評価(※1)を見ると

喜久家グループ新台導入評価
パチンコ パチスロ
5 0 5 0

このように半数以上の店舗が最高の「S」ランクであった。今後の集計において、グループ最大規模の店舗となる『キクヤ堺本店』も「S」ランクに入ってくるのではと思われる。

また、同グループは資産価値額(※2)も非常に高いのが特徴的で、平均値と比較するとパチンコ・パチスロともに平均値を大幅に上回っており、経営グループ別に見てもパチンコ・パチスロともに最も資産価値額は高かった。

喜久家グループ資産価値
パチンコ パチスロ
喜久家グループ 370,766 422,386
平均 162,277 262,029
差分 +208,489 +160,357

グループ全体における総設置台数の20%以上を占める『キクヤ堺本店』。今後どのように推移していくのか楽しみである。

[文・構成/情報島編集部]

※1:新台導入評価
直近半年間における新台の導入台数・導入機種数・新台導入回転率・1機種当たりの最多台数をそれぞれ順位化し、その合計得点を元にS~Eの6段階で評価したもの
なお、S:全国500位以内、A:全国1000位以内、B:全国2500位以内となっている。

※2:資産価値
各機種における中古取引額の平均値を足していき、店舗の平均額を算出したもの
店舗における機種の価値を判断する指標となる


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約