【パチンコ狂の詩】WBCが開幕、広告宣伝ガイドラインが発出されてから「国民的行事」と呼べる大会が開催されるのは初めて

ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が昨日開幕した。ちなみに台湾VSパナマの試合は12対5でパナマが大勝し、地元開催の台湾にとっては非常に残念な結果となっている。野球のパナマ代表と聞いてもいまいちピンと来ないのが正直なところだが、(現役メジャーリーガーの存在もあって)3度目の出場で初勝利を飾った次第。

一方で、1次ラウンド「プールB」に属する日本の初戦は本日19時から。東京ドームにて中国戦が行われる。さすがに地力の差は大きそうだが、国際大会では何が起こるか分からないもの。そして何より先発予定が大谷さんになっていることもあって、注目度は相当高そうだ。練習試合から高視聴率を見せていたこともあり、しばらくはWBCフィーバーが続きそうである。

ちなみに今日以降の日本戦4試合は全て19時開始となっていて、多くの方が自宅でTV観戦することだろう。故に、娯楽施設にとっては夜の稼働が厳しいものとなるはずで、それはむろんパチンコホールも同様だ。オリンピックやワールドカップの開催時期と同じで、多少のマイナスは既に折り込み済みか。

広告宣伝ガイドラインが発出されて以降、こうした「国民的行事」と呼べる大会が開催されるのは初めて。そのため、ホールの広告宣伝活動に何か変化が見られるのかにも注目したいところである。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約