【パチンコ経営企業分析】三洋物産製パチンコの設置比率が最も高いパチンコチェーンは「二十一世紀グループ」

©SANYO BUSSAN CO. LTD.

パチンコ経営企業ごとに考察を行っていく【パチンコ経営企業分析】。今回は、パチンコ機における最大設置メーカーである「三洋物産」の設置状況についてみていく。

「三洋物産」は、現在パチンコにおいて、メーカー別設置台数が最も多いメーカーであり、その設置台数は60万台を遥かに超えている。また、パチンコ全体の31.5%を占め、次位の「SANKYO」に20万台以上の差をつけている。

機種別の設置台数を見てもTOP10に6機種が該当し、その中でも「Pスーパー海物語 IN 沖縄5」においては、昨年7月より設置台数首位の座を維持し続けている。

では、各ホール企業の設置状況はどうなっているのだろうか。

グループ名 店舗数 設置台数
ダイナムグループ 431 53,203
マルハングループ 309 47,167
アンダーツリーグループ(キコーナ) 141 16,035
延田エンタープライズグループ(123) 59 9,035
ガイアグループ 64 8,867

上表のように、設置台数で見ていくと「ダイナムグループ」と「マルハングループ」が他社を圧倒しているものの、総設置台数の違いが大きすぎるのでこれを踏まえて設置比率で見ていく。

総設置台数5,000台以上のグループ84グループのうち、全体の平均値である31.5%を超えているのは29グループ。その中において設置比率が上位のグループは下表の通りとなる(総設置台数が5,000台以上のグループを対象とする)。

グループ名 店舗数 設置台数 設置比率
二十一世紀グループ(CORE21) 14 2,106 37.9%
ダイナムグループ 431 53,203 37.2%
一六商事グループ(MGM) 50 7,013 36.4%
大西商事グループ(USA) 14 2,019 36.3%
岩下兄弟グループ(モナコパレス) 24 4,015 36.2%
ひぐちグループ(まるみつ) 17 2,538 36.1%
アミューズグループ 24 3,570 36.0%
テンガイグループ 12 1,868 36.0%
セントラルグループ(セントラルディーボ) 23 2,747 35.6%
カネマツグループ(ライジング) 17 2,205 35.6%

一方、設置比率が低いのは下表の通りとなる。

グループ名 店舗数 設置台数 設置比率
日光商事グループ(nikko) 15 1,830 19.0%
浜友観光グループ(楽園) 22 2,672 22.7%
セントラルグループ(コンコルド) 14 1,895 23.9%
ガイアグループ 85 7,680 24.4%
新日邦グループ(コンコルド) 23 2,480 24.7%

このように各グループによって設置状況に違いが大きく出ているのがわかる。
今回はパチンコ最大設置メーカーの「三洋物産」について見たが、各メーカーごとに見ていくことにより、それぞれのグループにおける傾向は見えてくるだろう。

※設置台数は新ピーサーチの2023年3月15日データを使用。データは公開店舗のものに限る。
※各表における店舗数に関してはパチスロ専門店は除いている


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約