【寄稿コラム】遊技機の導入でパチンコ店の個性なんて出せない、自信のある設備更新をもっとアピールして欲しい

花粉症がひどいので空気清浄機が欲しくなり色々と見比べていた。売れ筋商品を眺めてみるとなんだか見覚えのあるものが一つ目に付く。よく行くパチンコホールに置かれている空気清浄機だ。

見た目はゴツくてパワーがありそうだが、推奨環境は◯畳ほどと書かれている。比較的狭い店とはいえ、どう見ても推奨よりはフロアが広い。別に置いていない店と比べて空気がキレイだと感じたことはないが、実は全然意味がなかったのだと気づいてしまう。

おそらくコロナ禍の際に空気がキレイですよとアピールするために置かれたのだろう。きっちりと店内の空気を測定してアピールしているホールもあれば、効果検証もなく機械を置くだけのホールもある状態。

もっと細かくアピールできればいいのだが遊技環境はあくまでもサブという位置付け。広告を打つための設備変更も多く、注目度も正直低い。ただ個人的には導入機種を横並びで宣伝されるよりは自信のある設備更新をもっとアピールして欲しいと思う。

人気・不人気で入れ替わるだけの機械では店の個性なんてさほど出ないが、設備は常にアップデートされていく。人気台の最多導入店はすぐにわかっても、「日本一の最新鋭設備を備えた店舗は何処か」なんて自信をもって答えられる業界関係者もいないはず。きっと差別化要因になる。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約