ヤーマがパチスロ6.5号機「シリウス」を発表

パチスロメーカーのヤーマは、新機種「シリウス」の発売に伴い、4月11日より東京・大阪のショールームにおいて内覧会を開催した。

本機は、有利区間4000ゲーム、差枚数方式に対応した同社初の6.5号機。Aタイプ感覚の完全告知AT機となっており、BB(約313枚獲得)とRB(約103枚獲得)の2種類の(疑似)ボーナスを搭載。ボーナス消化は押し順ナビに従うだけ、と打ち手を選ばない簡単仕様も特徴の一つと言えるだろう。

そして本機最大の魅力は、ボーナス高確率状態が基本2回セットでループする新機能「シリウスモード」だ。同モードへはボーナス後約33.3%(全設定)で突入。一度突入すれば、平均6連・約1060枚の獲得に期待できる。

なお、全国のパチンコホールへの導入開始は6月6日を予定している。

©yama


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約