日遊協、パチンコ業界の様々なデータを網羅的にまとめた「遊技業界データブック2022」を発刊

日本遊技関連事業協会(日遊協)は21日、「遊技業界データブック2022 バージョン01」(PDF版)を同協会ホームページで公開した。

2018年から発行している「遊技業界データブック」は、パチンコホール軒数や遊技機設置台数、参加人口、全国ホールの売上・稼働・粗利推計、社会還元拠出金額など、これまで行政や業界団体個々で集計されていたデータを、遊技業界関係団体・企業・シンクタンクの全面協力を得て網羅的にまとめたもの。前半の「遊技業界の現況解説」では2021年の遊技業界の動向について「全般」「依存問題」「社会」「経済」「人材」のテーマで4名の専門家の寄稿を掲載。各種データと合わせて読むことで、遊技業界の2021年をより詳しく振り返ることができる内容となっている。

なお、「レジャー白書2022」の発表後に参加人口などの追加情報を盛り込んだ「バージョン02」を作成し、冊子版の配布・ホームページ更新を予定している。


コメント:1件 コメントを書く

  1. 非等価でベタピン使うの何とかしてください。非等ハラですわ。

    1
    1