パチスロ機販売でトップシェアを確保、ユニバーサルが2022年12月期決算を発表

ユニバーサルエンターテインメントが14日に発表した2022年12月期の連結決算によると売上高1409億9800万円(前期比プラス55.9%)、営業利益120億8500万円(同プラス516.7%)、経常利益139億3300万円(前期は25億800万円の経常損失)、当期純利益115億600万円(前期は190億5200万円の純損失)。パチスロ機販売台数トップのシェアを確保するなど遊技機事業が業績をけん引した。

遊技機事業の売上高は682億6800万円(前期比プラス26.0%)、営業利益は198億1800万円(同プラス48.9%)。パチスロ機では、カプコンとの業務提携による「パチスロ新鬼武者2」「パチスロ バイオハザード RE:2」をはじめ、「花火絶景」「沖ドキ!GOLD」など計7機種を市場投入。販売台数は13万3844台に上り、2022年パチスロ機販売台数トップのシェアを確保した。パチンコ機は4機種を販売し、販売台数は1万6204台となった。

IR事業は、第2四半期に「オカダ・マニラ」にてメンバーシップ登録されたフィリピン在住のすべての顧客を対象に、オンラインゲーミングの稼働を開始したほか、フィリピン国内でも人気のある飲食店などの誘致が進み、施設の魅力が大幅に向上。来場者数は順調に増加し、業績の向上に貢献した。その結果、売上高717億7100万円(前期比プラス103.7%)、営業利益37億8000万円(前期は18億6500万円の営業損失)。調整後EBITDAは193億5000万円(同プラス263.1%)となった。

2023年12月期は、遊技機事業において「アナザーゴッドハーデス-解き放たれし槍撃ver.-」や「Pバベル5000」の販売を開始し、販売シェアの拡大に努めていく。IR事業においては、引き続きオカダ・マニラで国内需要を取り込み、業績拡大を目指していくとし、売上高1800億円、営業利益235億円、経常利益103億円、当期純利益100億円を見込む。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約