パチンコ9件、パチスロ23件が新たに適合、「固定ハンドル」容易で不適合も ~保通協型式試験2023年2月

保安通信協会(保通協)は1日、2023年2月中に実施した型式試験の実施状況を公表した。

パチンコは結果書交付53件(前月比マイナス15件)に対して適合9件(同マイナス9件)で、適合率(適合件数/結果書交付)は17.0%(前月は26.5%)と前月期から大幅に落ち込んでいる。パチスロは結果書交付78件(同プラス3件)に対し、適合は23件(同プラス4件)で適合率は29.5%(前月は25.3%)となった。

じゃん球は受理件数0(前月比マイナス2件)であった。

不適合ではパチンコで「遊技球発射装置にすき間があり、硬貨等が容易に挟み込める構造で、発射強度が0にならないように固定できる性能を有していた」事例が出ており、いわゆる「固定ハンドル」が容易な新枠や新型ハンドルが持ち込まれていたようだ。

なお、2月中に受理した件数はパチンコ65件(前月比プラス6件)、パチスロ74件(同マイナス6件)だった。


コメント:9件 コメントを書く

  1. 肩が痛くなる筐体とMAX時音量デカ過ぎる筐体
    禁止にして
    大○のパチスロ

    18
    3
  2. 固定ハンドルなんてしないからもっとツルツルで痛く無いのを頼む

    15
    2