セントラルグループ全面協賛する「ドリームパスポート2023」がスタート

高知県を中心とした中四国エリアでパチンコホールを店舗展開するセントラルグループ(本社・岡山県倉敷市)は、高知県の小学生向けスポーツ・サッカー振興企画「ドリーム・パスポート2023」に今年も全面協賛する。

「ドリーム・パスポート」は、高知ユナイテッドSCが取り組む「高知県の小学生向けスポーツ・サッカー振興企画」として、高知県の全ての小学生が全JFLホームゲームを無料観戦できるというもの。プロサッカーを生で見てもらう機会を積極的に増やし、地元高知県のスポーツ振興、サッカー振興、育成に寄与したいという趣旨のもと生まれた。セントラルグループは高知県のスポーツ振興ならびに高知ユナイテッドSCのスポンサー活動を行っており、2020年より全面協賛している。

今年は3月19日のホーム戦からスタート。全14試合が開催され、一定の試合数を観戦することで景品が貰えるスタンプラリーも行われる。

セントラルグループでは、「数少ない『Jリーグの無い都道府県』の一つである高知県において、小学生がプロスポーツ・プロサッカーを観戦する機会を増やし育成時代から環境を整えていくことで、サッカーをはじめ高知県のスポーツ振興の一助となることを願っている。今後も子ども達の抱く将来の夢や希望の可能性を広げるためのサポートをしていくことで、日頃お世話になっている地元高知県のスポーツ振興に貢献していく」としている。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約