パチンコ店における「変幻自在」な島設備自体が資産価値を持つ時代に、エース電研が新単体島システム『イゾレッタ』のプレス発表会を開催

秋田光勇代表取締役

株式会社エース電研は3月17日にプレス発表会を開催し、パチンコ店における新単体島システム「Isoletta(イゾレッタ)」をお披露目している。

「Isoletta(イゾレッタ)」は単体研磨機を用意し、従来の遊技機にも対応した新時代の島システムとなっている。どこにでも簡単に設置可能な点が大きな特徴となっていて、従来の島では出来なかった様々なレイアウトも実現可能になるという。

柱周りに遊技機を設置したり、壁際に沿って曲線島を構築することも容易に出来るため、レイアウトの自由度は正に無限大といった感じだ。合わせて、単体島の枠はそのままに(枠内の部材を移動させることで)パチンコ機・スロット機の変更も短時間で行えるらしい。

「Isoletta(イゾレッタ)」

これにより、「従来の動かせない構造物」から「再利用が可能な製品」として島設備自体が資産価値を持つことになる点も、イゾレッタを導入する際の大きなメリットといえそうである。

なお、発表会の冒頭で挨拶を行った代表取締役の秋田光勇氏も「変幻自在」というキーワードをアピールされていた。既にテスト稼働は実施済みとなっていて、本年4月3日から正式に受注が開始されるとのこと。

スマート遊技機の普及とともに、島設備も新時代へと突入していく。今後はパチンコホールのレイアウトに大きな変化が見られるかもしれない。

製品サイト


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約