ダイコク電機、スマスロ事業参入・パチスロ開発体制強化の一環で「ライリィ」を孫会社化

ダイコク電機は、3月20日開催の取締役会で、子会社であるパチンコ遊技機用ソフトの開発を手掛けるアロフトが、組み込みソフト受託開発を行うライリィの株式を取得し、孫会社化することを決議した。

同社は株式取得の理由について、「2023年3月期を初年度とする『中期経営計画2022~2024』のとおり、制御システム事業の重点施策として、スマートパチスロ事業に参入することで、事業規模の拡大を目指しており、自社開発体制構築のため、パチスロ開発体制の強化を推進している。ライリィは、設立以来、継続的にパチスロ開発を続けており、本件子会社化により、パチスロ開発の内製体制を獲得し、開発体制構築の早期実現が可能であると判断した」としている。

株式譲渡実行日は4月1日を予定。なお、今回の株式取得による今期の連結業績に与える影響は軽微としている。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約