パイオニア、沖縄で「OZアカデミー女子プロレス」の冠興行を開催

画像提供:OZアカデミー

パチスロメーカーのパイオニアは11月23日、沖縄県那覇市の沖縄県立武道館において「OZアカデミー女子プロレス沖縄大会」を開催した。

オープニングでは同社広報の田上信助氏が挨拶を行い、会場内には12月18日より稼働開始となるパチスロ新機種「ドラゴンハナハナ~閃光~-30」を展示した。

第一試合のタッグマッチ20分一本勝負では、同社からの刺客であるマスク・ド・ハナハナ選手とラム会長選手のタッグと、加藤園子選手&水波綾選手のタッグが対決。

マスク・ド・ハナハナ選手とラム会長選手の入場時にはGargoyleのKIBA氏による「HANA!-chika-HANA!」の生歌と共にリングインした。試合結果は、加藤園子選手&水波綾選手のタッグが勝利し、筐体前で記念撮影を行った。

また、セミファイナルのOZアカデミー認定パイオニア3WAY選手権試合 3WAYマッチ30分一本勝負では、第6代王者である青木いつ希選手に対し、井上京子選手と安納サオリ選手の両挑戦者が挑んだ。結果は、青木いつ希選手が11分11秒に塵輪弐を決め見事勝利し、二度目の王者防衛に成功。王者へのベルト等のプレゼンターは同社広報の田上氏が務めた。

パイオニアは、「OZアカデミー女子プロレス」への活動支援・協賛を行って2年目を迎えた。「業種は違うものの、エンターテインメントを通じて『楽しさ』を届けているOZアカデミー女子プロレスとタッグを組み、明るく笑顔で暮らせるより良い社会づくりに貢献したい」としている。


コメント:1件 コメントを書く

  1. OZスロットの話じゃないのか。

    0
    0