大遊協国際交流・援助・研究協会、6カ国の留学生17名に奨学金給付

大阪府遊技業協同組合(大遊協)が設立母体の公益財団法人大遊協国際交流・援助・研究協会は9日、大阪市中央区のホテルプリムローズ大阪において令和6年度年度外国人留学生奨学金受給証書交付式を開催。今年度は6カ国からの留学生17名(新規6名、継続11名)へ奨学金を給付する。

式典では、南條智宣理事長が代表者に受給証書を手渡し、「皆さんは、たくさんの応募の中から、成績優秀で人間的にも立派と選ばれました。今後は当財団の奨学生という誇りを持って勉学に励み、将来、日本の良き理解者となって日本と本国との真の懸け橋になって下さい」と激励した。

最後に奨学生から「憧れていた日本に留学でき、留学生に寄り添い、多くの奨学生を支援してきた財団の奨学生となれたことは本当にうれしい。安心して勉学に勤しむことができる」と感謝の言葉をを述べた。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約