「スマスロ北斗の拳」をはじめとしたパチスロ販売が好調、セガサミー24年3月期決算は増収増益

セガサミーホールディングスは10日、2024年3月期の連結決算を発表。それによると売上高4678億9600万円(前期比プラス20.1%)、営業利益568億3600万円(同プラス21.5%)、経常利益597億7800万円(同プラス20.8%)、当期純利益330億5500万円(同マイナス28.0%)となった。

遊技機事業では、パチスロ機において同社のスマスロ第一弾となる「スマスロ北斗の拳」(7万9231台販売)や「スマスロ バイオハザード:ヴェンデッタ」(3万3151台販売)などを発売し、7タイトル計18万90台(前期は9万4966台)を販売。パチンコ機においては「P北斗の拳 暴凶星」(1万7500台販売)や「P聖戦士ダンバイン2‐ZEROLIMIT HYPER‐」(1万2642台販売)など、4タイトル計8万8236台(前期は10万3556台)を販売。その結果、売上高1359億6900万円(前期比プラス44.3%)、経常利益418億7700万円(同プラス102.2%)で増収増益を達成した。

今後は、パチスロの反動減を予想する一方で、パチンコにおいては同グループのスマパチ第1弾となる「e北斗の拳10」の投入等により、前期比で販売台数が増加を見込み、2025年3月期はパチスロ10万7000台(前期比マイナス7万3090台)、パチンコ11万5000台(同プラス2万6764台)の販売を見込む。

これらを踏まえ、2025年3月期の連結業績予想については売上高4450億円(前期比マイナス4.9%)、営業利益450億円(同マイナス20.8%)、経常利益480億円(同マイナス19.7%)、当期純利益390億円(同マイナス18.0%)とした。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約