HASUNUMAグループがまたまた既存店を取得して更に勢力を拡大する、茨城県鹿嶋市のパチンコ店『TOKO』を事業承継

茨城県鹿嶋市にて営業中のパチンコホール『TOKO』が(株)HASUNUMAに事業承継されることが9月27日の官報に公告されている。

同店は「鹿島アントラーズクラブハウス」の近くに位置しており、パチンコ機480台・パチスロ機240台(合計720台)の大型ホールだ。

半径5キロ圏内には『D’stationWAKO鹿島店』や『D’station神栖店』などの競合ホールも点在しているエリアである。

そんな競争環境下にて『TOKO』を運営してきたのは(株)東興だ。同社では福島県の2店舗を含む計3軒のホールを営業してきたが、これにて茨城県の運営ホールは無くなることに。

一方で、『TOKO』を取得するHASUNUMAグループは群馬県に本拠を構えており、昨年7月には神奈川県の『三益球殿川崎塚越店』をグループ化。更に本年3月には千葉県の『山田スパジオ』を傘下に収めたばかり。

確実にその勢力を拡大中で、今回の事業承継により茨城県へも初進出を果たすこととなった。

なお、代表の蓮沼氏は「パチ界の破天荒ロビンマスク」という旧ツイッターアカウントでも知られた方で、コンサルから実際のホール経営まで行っているらしい。小規模ホールの閉鎖が相次ぐ中で、こうした姿勢をみせる企業が更に増えていくことを期待したい。

この他のM&A情報はこちら

購入企業 株式会社HASUNUMA
公示日 2023年9月27日
購入店舗 TOKO
住所 茨城県鹿嶋市平井東4-2-45
備考

コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約