×

静岡県浜松市のパチンコ店『パーラー大学院』が3月10日を以って閉店、運営母体の営業中ホールは1店舗のみに

静岡県浜松市の中央区にて営業してきたパチンコホール『パーラー大学院』が2024年3月10日(日)の営業を以って閉店している。

同店は国道152号線沿いに位置しており、パチンコ機200台・パチスロ機104台(合計304台)の小規模ホール。半径5キロ圏内には『SUPER CONCORDE 市野』や『楽園上新屋店』といった競合ホールに加えて、グループ店となる『パーラー大学駅前店』が営業している。

そんな中で『パーラー大学院』は30年以上に渡って営業してきたがこの度、閉鎖を選択することに。閉店案内では「今後は大学駅前店へぜひ、ご来店頂けますよう宜しくお願い致します」とグループ店への来店を呼びかけている。

運営母体となる「国際総業グループ」は静岡県にてパチンコホールを店舗展開するチェーン企業。経営店舗は「パーラー大学」などの屋号を冠しており計2店舗を運営してきた。なお、『SPハウス』(静岡県湖西市)が改装オープンに向けて店休となっており、営業店舗は『パーラー大学駅前店』のみとなる。

この他の閉店・休業情報はコチラ

店舗 パーラー大学院
閉店日 2024年3月10日
住所 静岡県浜松市中央区薬師町50
備考

---------------------------
匿名様、情報提供ありがとうございました。編集部への情報提供はこちら


コメント:13件 コメントを書く

  1. 後2店舗飛べば事業撤退、悪くすれば倒産か。素晴らしい。

    21
    9
  2. 大学院も卒業…
    いや、単位不足で中退ってとこですかな?

    15
    5