×

名古屋市天白区のパチンコ店『ZENT原店』が5月6日を以って閉店に、跡地にはドラッグストアがオープンする予定

愛知県名古屋市の天白区にて営業してきたパチンコホール『ZENT原店』が2024年5月6日(月)の営業を以って閉店する。

同店は地下鉄鶴舞線「原駅」から500メートルほど離れた場所に店舗を構えており、パチンコ機216台・パチスロ機72台(合計288台)の小規模ホールであった。半径3キロ圏内には『サンシャインKYORAKU平針』や『プレイランドキャッスル天白店』といった競合ホールが営業しているエリアだ。

そんな中で1988年10月に『Apan777原店』としてグランドオープンして以来、約35年に渡って営業を継続してきたが、この度閉鎖を選択することに。なお、跡地にはドラッグストアがオープンする予定だという。

運営母体となる「善都グループ」は愛知県を中心にパチンコホールを店舗展開する有力チェーン。経営ホールはほぼ全て「ZENT」の屋号を冠しており計25店舗を運営してきた。

コロナ禍では小規模店の店舗整理を推進していた印象だが2022年1月に閉店した『ZENT吉原店』を最後に閉鎖店舗はなかった。

※コロナ禍以降の閉鎖・売却店舗
2020年 5月:『ZENT田中店』(愛知県263台)
2020年 5月:『ZENT REPOS駅前店』(愛知県162台)
2020年10月:『ZENT大垣駅前店』(岐阜県288台)
2022年 1月:『ZENT吉原店』(愛知県416台)
2024年 5月:『ZENT原店』(愛知県288台)

この他の閉店・休業情報はコチラ

店舗 ZENT原店
閉店日 2024年5月6日
住所 愛知県名古屋市天白区原2-907
備考

コメント:11件 コメントを書く

  1. パチンコ屋の跡地にドラッグストア。最高ですね!
    不要なものは減り,必要なものに変わる。

    23
    3
  2. 5/6を境に全国で何店舗消滅するんだ?

    15
    0