【パチンコ経営企業分析】9月に続いて「喜久家グループ」がトップに、10月度グループ別資産価値額ランキング(パチンコ編)

今回は各経営グループにおけるパチンコの資産価値額を見ていく。

前回記したように10月末時点におけるパチンコの資産価値ランキングは、スマパチのみを設置している店舗を除くと9月末よりも資産価値額が増加していた。

それではグループ別に見たらどうだろう。

パチンコ資産価値額の高いグループは下記の通りとなる。

グループ名 資産価値額 前月 前月順位
喜久家グループ 307,249 276,441 1
SB Good Industryグループ 289,061 260,432 2
中原商事グループ 266,565 250,497 3
細山田商事グループ 253,986 242,548 4
日拓グループ 247,224 224,310 8

※対象は5店舗以上運営している経営グループ
※グループ資産価値額上位20位までのグループはこちらに掲載中

このように、上位4グループは9月末集計時点と順位も全て一緒であったように、パチスロとは異なりほとんど変動は見られなかった。

また、資産価値額を見ていくと、首位の「喜久家グループ」は9月末集計時点では見られなかった30万円を超え、それ以外のグループも全て9月末時点よりも資産価値額は高くなっていた。

9月末におけるパチンコ全体の資産価値額は11万9529円で、10月末は12万4633円と微増ではあるものの、上位グループはそれ以上の増加額を示していた。さて、次回集計時も同じような流れは続いていくのだろうか。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約