パチスロ機が計画を上回る販売実績を達成、藤商事が2024年3月決算を発表

藤商事は10日、2024年3月期の連結決算を発表。売上高369億8300万円(前期比プラス6.1%)、営業利益48億8000万円(同プラス25.9%)、経常利益49億2300万円(同プラス21.1%)、当期純利益36億4300万円(同マイナス31.2%)となった。

パチンコ機においては、新規タイトルとして「Pゴブリンスレイヤー」「Pとある魔術の禁書目録2」「P緋弾のアリア~緋緋神降臨~ラッキートリガーVer.」など計8タイトルを市場投入し、販売台数は6万1038台(前期比マイナス8.9%)、売上高は237億4100万円(同マイナス6.1%)。一方、パチスロ機は「パチスロ 戦国†恋姫」「スマスロ とある魔術の禁書目録」「パチスロ 琉神-30 スイカバージョン」を市場投入し、販売台数は2万9235台(同プラス28.1%)、売上高は132億4200万円(同プラス38.6%)となった。

2025年3月期はパチンコ機7万2000台、パチスロ機1万8000台の計9万台の販売を計画。連結業績予想は売上高370億円(前年比プラス20.4%)、営業利益50億円(同プラス2.4%)、経常利益50億円(同プラス1.5%)、純利益37億円(同プラス1.5)を見込む。


コメント:0件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトは reCAPTCHA と Google によって保護されていますプライバシーポリシー利用規約 申し込み。

The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

誹謗中傷、個人情報、わいせつなど当社が不適切とみなしたコメントは削除させていただくことがあります(利用規約